LWCの使い方について

下記プラグインでは、基本的に設置されたブロック等を自動的に保護します。

基本保護のコマンド一覧

適応されるのはチェスト, トラップチェスト, かまど, ディスペンサー, 看板, ドア各種, トラップドア各種, フェンスゲート各種です。

コマンド 説明
/cinfo 対象ブロックの情報を表示します。
/cprivate 対象ブロックを保護します。
/cpassword パスワードの付いた保護を作成できます。
/cpublic 誰でも使用できるブロックを作成します。この場合、他の人が新しく保護することはできません。
/cunlock パスワード付きの保護ブロックを解除します。
/cremove 対象ブロックの保護を削除します。
/climits あなたが作成できる保護ブロックの最大数を表示します。


アーマースタンド保護のコマンド一覧

適応されるのはアーマースタンドのみです。

コマンド 説明
/sinfo 対象スタンドの情報を表示します。
/sprivate 対象スタンドを保護します。
/spassword パスワードの付いた保護を作成できます。
/spublic 誰でも使用できるスタンドを作成します。この場合、他の人が新しく保護することはできません。
/sunlock パスワード付きの保護スタンドを解除します。
/sremove 対象スタンドの保護を削除します。
/slimits あなたが作成できる保護スタンドの最大数を表示します。


額縁保護のコマンド一覧

適応されるのは額縁のみです。

コマンド 説明
/ginfo 対象額縁の情報を表示します。
/gprivate 対象額縁を保護します。
/gpassword パスワードの付いた保護を作成できます。
/gpublic 誰でも使用できる額縁を作成します。この場合、他の人が新しく保護することはできません。
/gunlock パスワード付きの保護額縁を解除します。
/gremove 対象額縁の保護を削除します。
/glimits あなたが作成できる保護額縁の最大数を表示します。


最終更新: 2019-05-02